若い人の浮気調査を受けた話など

この前、久しぶりに20代の依頼者の浮気調査を行った。普段はあまり受けないのだがその人の場合はあまりにも事情が可哀想だったのでこちらとしてもほとんど赤字覚悟の値段で調査を受けた。
そしてとても疲れた。久方ぶりに若い人が集うようなところでの浮気調査をしたからだ。
ここにも若い人の浮気についてちょっと興味深いことが書かれていた。
なるほどな、と思うところもあり。そうかなと思うところもあり。
それにしても自分の歳がうらめしく思えるのは気のせいであろうか。

安芸高田市について

安芸高田市は、中国地方の中部、広島県の北部に位置し、毛利元就に代表される古い歴史文化と豊かな自然に恵まれた都市です。
2004年3月1日、高田郡吉田町、八千代町、美土里町、高宮町、甲田町、向原町が合併し、広島県で14番目に誕生しました。
中国地方の中部で、広島県の北部に位置し、中国山地に囲まれた地域になります。
鷹ノ巣山、犬伏山、大土山、郡山などの山があり、川江の川、可愛川、多治比川、 太田川と江の川があります。
安芸高田市吉田町は毛利元就が生涯過ごした地です。
その吉田町は、史跡と文化に囲まれた町で、居城であって郡山城跡、毛利元就の墓、百万一心の石碑等、毛利に関する史跡が数多く残っていています。
その他にも様々な観光スポットがあります。
厳島神社(佐々井)宮島厳島神社の勧請によりこの地に造営されたもので、3年後には800年記念行事が予定されています。
日本で唯一「天下墓」天下墓と名のつく墓は日本中でここしかありません。生田智教寺に五輪石が数基あります。
高宮町式敷にある毛利隆元逝去の地 隆元は1563(永録6)年8月3日高宮町式敷で急病を発し薬石の効なく4日の払暁に瞑目しました。
五龍城址 甲田町の歴史を語るうえで切っても切り離せないのが、 266年もの永いあいだ甲立の地に居城した、戦国武将「五龍城主宍戸氏」です。
長見山城址・渡邊七人塚 五輪塔が四基あり、 以前は桜一本、榎二本が残りの三人の墓標に変えてあったということですが、今はもう枯死してしまっています。
再三の戦塵にさらされた古城「日下津城」 向原町大字坂の権現山にあり、水田面より高さ100mの急峻な山尾根に構えていた典型的な山城です。
尼子三兄弟ゆかりの墓 向原町大字長田長谷尻にあります円明寺跡は、尼子義久、倫久、秀久の三兄弟が幽閉されたところです。
また、安芸高田市では神楽は催事や祝い事に欠かせない郷土芸能として、人々にも楽しまれています。
神楽門前湯治村(美土里町)美土里神楽紹介
美土里町の神楽は、出雲流神楽(「儀式舞」と、「能舞」からなる)が石見神楽を経て、江戸期にこの地域に伝えられたと考えられます
美土里町の神楽は上河内神楽団・黒瀧神楽団・桑田天使神楽団・桑田天使神楽団・天神神楽団・青神楽団・青神楽団・錦城神楽団・美穂神楽団・塩瀬神楽団・広森神楽団・神幸神楽団・日吉神楽団など沢山の神楽団があります。
高宮神楽まつり(高宮町)高宮町には6つの神楽団が現存しています。それらが舞う神楽は総称して「高宮神楽」と呼ばれています。
安芸高田市の「花の見ごろ・見どころ」散策
全国的にも珍しい自然群生のかたくりや、辺り一面のしょうぶも安芸高田ならではの見どころのひとつ。花々にちなんだイベントも催されています。
グリーンファームHAJI(吉田町)散策しながら見て、触れて、買い物をエンジョイできる新しいタイプのガーデニングセンターです。四季を通して見どころいっぱいです。
土師ダム周辺(八千代町)春は約6千本の桜が咲き誇り、5月にはフジ棚が、6月にはアジサイが楽しめます。
湧永満之記念庭園(甲田町)当時の社長 湧永儀助が発案・設計し、施工もすべて社員による、文字どおり手づくりの庭園です。
かたくり自生地(向原町)大自然の中に群生する可憐な花です。
向原花しょうぶ園(向原町)6月中旬には、約50種、8000株の花しょうぶが咲き乱れます。JR向原駅から徒歩で3分、毎年行われる花しょうぶまつりのメイン会場です。
神の倉公園(向原町)山頂の展望はすばらしく、広島湾及び中国山脈が一望できます。
安芸高田、のんびり「自然散策」
チュウゴクボダイジュ(八千代町)ボダイジュは中国原産で、九州に入り各地に広まりました。土師ダム湖畔を走る県道勝田・吉田線沿い(はじ丸館の近く)にあります。
犬伏山(美土里町)多くの伝説の残る山として知られています。
滝ヶ谷峡谷(美土里町)岩間から流れ出る清流で、ヤマメ・イワナの養殖が行われています。
唯称庵跡カエデ林(甲田町)広島県指定天然記念物
鷹の巣山(向原町)山頂からは、南は瀬戸内海、北は三瓶山などを眺望することができます。
土師ダム記念公園(八千代町)日本式庭園の中で四季折々にあわせゆっくりくつろげる公園です。
生態湿地公園(八千代町)湿地に生息する動植物の生態観察ができる湿地公園です。
香六ダム公園(高宮町)静かな自然環境のなかで本格的なキャンプができます。
面山森林公園(高宮町)住民手作りのふるさと公園です。
神の倉公園(向原町)山頂の展望はすばらしく、広島湾及び中国山脈が一望できます。
丸山公園(向原町)向原町の中央に位置する公園です。春にはツツジや桜が咲き乱れ、花見客が多く、散歩コースには最適です。
安芸高田の「美術館・博物館めぐり」
安芸高田市歴史民俗博物館(吉田町)常設展示室では毛利氏時代の文化財の数々がご覧いただけます。
安芸高田市立八千代の丘美術館(八千代町)15棟のアトリエで個展形式に展開される全く新しいタイプの美術館です。
土師民俗資料館(八千代町)八千代町民族資料館は、ダム建設により水没した土師地区の農家の農具や遺蹟が保存展示されています。
青野民俗資料館(美土里町)青野芳輝氏が民家を移築し、収集した千数百点の民俗資料を展示しています。
安芸高田市でのご相談がありました。
依頼者は32歳の女性で、出会い系サイトで出会った男性と半年間メールのやり取りをしていたそうです。
誠実そうなメールの内容から好感が持てる男性だったので一度会いたいと思っていましたが、なかなか都合がつかず会う機会がなかったとの事。しかし、何度か会いたいというメールをしていたら連絡が途絶えてしまったそうです。
相手男性に何かあったのではないかと心配なので、どこで何をしている人物なのか身上調査をしてほしいとの事でした。
相手男性の情報を元に調査を開始すると意外な事実がわかりました。
男性は妻子があり、しかも依頼者が聞いていた年齢より15歳も上だったのです。
報告を依頼者にすると最初はショックのようでしたが、事実が分かった事で、悩まずに済みますと言われました。
事実は調査をしないと分かりません、悩んでいないで相談してみましょう。

安芸高田市の浮気調査事例

依頼者:41歳男性 対象者:34歳女性

3ヶ月前に夫婦喧嘩をして以来、妻の様子がおかしくなり一週間前に急に「別れたい」と言い出した。
依頼者は不安を感じて深夜に妻のバックの中を見てみると、知らない携帯電話が出てきた。その携帯電話にはアドレス登録はされておらず、特定の番号とだけやり取りしているようだった。
妻には携帯電話の事は聞けず、不安になるばかりで家に帰っても喧嘩になり話し合いにならない。子供もまだ小さいのでしっかり家事をしてもらいたいが、妻の実家に子供を預けて、昼間に出掛けていることも判明した。
妻を疑う気持ちが大きくなり、苛立つことが多く精神的にも辛い毎日で、仕事も手につかない状況である。
携帯電話の事と、昼間にどこに出掛けているのか、浮気の事実を確認しはっきりさせたいというご依頼です。
実家からの情報により前もって出掛ける日が分かったので、子供を実家に預けてからの張り込みと尾行調査を開始しました。
対象者はショッピングセンターの駐車場で、男性の車に乗り込み発進しました。
その後、二人の乗った車はレストランに行き、次にホテルへ入って行ったので、ホテルでの張り込みとなり数時間後に二人で出て来る姿の写真を撮ることができました。
調査が終了し依頼者に報告書を渡すと、浮気相手の男性は妻の元同僚で依頼者も面識があったという事実が分かった事で妻に二度と浮気をしないように誓約書を書かせ、
浮気相手男性には慰謝料を請求したいと依頼者は気持ちを切り替え考えているそうです。